くらしの知恵.ラボ

日常生活に役立つ情報や日々のお悩みを一緒に考えていくブログ

便秘解消に効果あり!納豆ごはん食べて便秘が良くなった話。


f:id:step4295:20171214172359j:plain

便秘でお悩みの人って多いですよね~。

男女問わず。

私もそんな一人です。

頑固な便秘ではありませんが、数日に一回くらいしか出ない時もあれば、1週間出ない時もありました。

便秘だけでなく軟便の時もあり、スッキリしない時もありましたね。

そんな私が、最近は便秘で悩むことがなくなりました。

実際に私がどんなことをして、便秘が良くなったのかをご紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。 

 

 

朝食に納豆を食べるようになったら便秘が解消

朝に納豆ごはんを食べるようになってからというもの、便秘が解消しました。

今までも朝食に納豆ごはんを週に2日程度食べてましたが、便秘が解消する事はありませんでした。

今は、毎朝のように納豆ごはんを食べています。

便秘が解消されたのは、毎朝食べるようになってからですね。

ホントに毎日食べてます。

即効性はありませんが、毎日食べることが大切だと実感してます。

継続こそ力なり!

納豆が便秘解消に良いと聞いてましたが、実際に効果をかんじてみて正直ビックリしてます。

便秘でお悩みの方は、朝に納豆ごはんを食べることをおススメします。

 

便秘に納豆が効くのは理由がある

たまたま納豆ご飯を食べて、便秘がよくなったわけではありません。

納豆には、便秘解消に効果的な理由がちゃんとあります。

それは、納豆の原料になる大豆にあります。

食物繊維が便秘に良いということはご存知でしょうか?

納豆の原料である大豆には、沢山の食物繊維が含まれています。

大豆を発酵し作られた納豆には、食物繊維が豊富に含まれてるだけでなく、便秘解消に欠かすことのできない2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。

一つは水溶性食物繊維、もう一つは不溶性食物繊維です。

では、それぞれ便秘にどのような効果があるのかをご説明します。

 

水溶性食物繊維は便をやわらかくする

水溶性食物繊維とは、水に溶けやすい食物繊維のことです。

果物、昆布やわかめ、こんにゃく芋が、水溶性食物繊維が含まれます。

水溶性の食物繊維は、水に溶けるとドロドロになり、便を柔らかくしてくれます。

ですので、便秘を良くするためには水溶性食物繊維は欠かせないのです。

ちなみに、水溶性食物繊維は便秘に効くだけではなく、ダイエット効果もるそうですよ。

 

不溶性食物繊維は腸内環境を整える

便秘に効くもう一つの食物繊維は、不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維のことで、胃や腸で水分を吸って大きく膨らみます。

不溶性食物繊維は水分を含むことで便のかさを増したり、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にして、便の通りを良くしてくれます。

難点として、不溶性食物繊維だけでは便が硬くなり、かえって便秘の原因になることもあります。

ですので、水分もたっぷりと摂る必要があります。

 

納豆には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれていますので、胃腸を整えながらスムーズに排便することができるのです。

 

まとめますと、水溶性食物繊維は便を柔らかくし、不溶性植物食物繊維は便のかさを増やして、便を出やすくしてくれるんですね〜。

両方の食物繊維がバランスよく含まれている納豆は、腸の働きを整えながらスムーズに便を出すことができるのです。

そして、納豆には便秘解消に効果があるもう一つの理由があります。

それは『大豆オリゴ糖』が含まれている事です。

納豆が便秘解消に最適と言われる理由は、食物繊維の効果だけではなく、大豆オリゴ糖も含まれているからなのです。

 

納豆には便秘解消に効果的な大豆オリゴ糖も含まれています

納豆が便秘解消に最適なのは、じつは食物繊維の効果だけではありません。

納豆の原料になる大豆には、大豆オリゴ糖が含まれています。

大豆オリゴ糖は、胃や腸で消化されずに大腸まで届きます。

オリゴ糖は腸内環境を良くする善玉菌の餌になって、善玉菌を増やしてくれます。

それと、大豆オリゴ糖は腸内のいらなくなったものを吸収して、体の外に出す働きがありますので、デトックス効果やダイエットにもいいと言われています。

 

いっしょにお茶を飲むとさらに効果的

朝食の時にコーヒーを飲んでいた私は、納豆ご飯を食べるようになってから、お茶に変えました。 

納豆ごはんとお茶。日本の朝って感じでいいですね~。

理由もなくお茶に変えたわけではありません。

お茶も便秘に効くと聞きましたので。

お茶には食物繊維やビタミン、ミネラルがたくさん入っていて、腸の善玉菌を増やすと同時に、動きを良くし、腸内の環境を整える効果があります。

ですので、お茶は便秘にいいということなんです。

ちなみに、私が毎朝飲んでいたコーヒーは便秘の原因の一つだったようです。

コーヒーに含まれるカフェインが良くないようですね。

カフェインには利尿作用があるので、水分不足になりやすく、便を硬くしてしまうそうです。

コーヒーに比べるとずっと少ないですが、お茶にもカフェインは含まれてますので、飲みすぎないことが大切です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

私は朝食に納豆を食べるようになってから、便秘が良くなりました。

そのころから飲み始めたお茶も良かったのかもしれません。

一つ言えることは、即効性はありません。

毎日食べ続けることが、便秘解消になったのだと思います。

あれこれ試してみたが、なかなか効果が表れないという方は、ぜひお試しください(^_^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m