くらしの知恵.ラボ

日常生活に役立つ情報や日々のお悩みを一緒に考えていくブログ

肌に優しい電気シェーバーをお探しならフィリップスシェーバーがおすすめ!


f:id:step4295:20181105110606j:plain

肌が弱い人にとって髭を毎日剃ることはとてもストレス。

私も肌が弱く、T字の髭剃りならもちろんのこと、電気シェーバーでさえも毎日剃ると肌がヒリヒリと痛くなってしまうほどです。

特に深ぞりタイプの電気シェーバーは肌が荒れますよね。以前使っていた深ぞりに定評のある某唯名メーカーの往復式シェーバーで剃っていたころは、肌が赤くなったり時には肌が切れたりと、痛い思いもしました。

このように、電気シェーバーでさえも肌が荒れてしまう、ヒリヒリと肌が痛むといった方におすすめのシェーバーがあります。

肌が弱くても痛むことなく毎日でも剃れる電気シェーバーをご紹介していきたいと思います。

 

 

肌が弱い人におすすめ電気シェーバー「フィリップスシェーバー」

一般的に肌に優しいいわれている電気シェーバーは回転式だと言われてることはご存知でしょうか。回転式シェーバーは往復式シェーバーに比べ刃が肌に直接当たりにくいので肌へのダメージが少なく、敏感肌の方にはとくにおすすめのシェーバーです。

往復式シェーバーはいろいろなメーカーから多くの商品が販売されてますが、回転式を採用している髭剃りメーカーは少なく、回転式シェーバーといえば「フィリップス」ってくらい回転式シェーバーの中では有名なメーカーです。

ですので、肌にやさしく肌荒れしにくい電気シェーバーをプレゼントするなら「フィリップス」一択といっても過言ではありません。

但し、回転式は往復式に比べ、シェービング力(深剃り)がやや劣りますので、異常に髭の濃い人には不向きかもしれません。 

 

フィリップス電気シェーバーが肌にやさしい秘密

数ある電気シェーバーのなかで、フィリップスシェーバーが最も優れている点はシェービングの優しさです。

電気シェーバーは往復式が主流ですが、フィリップスシェーバーは回転式を採用しています。

なぜなら、回転式は肌に優しいからです。それは回転式シェーバーの刃は肌に直接当たりにくい構造になっているからです。

それに対して往復式シェーバーはより深剃りをするために強く押し当てすぎると刃が肌に触れていまうリスクが少ならずあります。

対してフィリップスシェーバーは、回転式の刃を採用してますので肌に優しい剃り味です。しかし、肌にやさしい反面、深剃りはあまり得意ではありません。

深剃り派なら往復式シェーバーがおすすめですが、敏感肌の方には回転式のフリップスシェーバーが断然おすすめです。

 

フィリップスの特徴

  • 肌の曲面にヘッド全体が隙間なく密着
  • ヘッドの設置面積が広いから少ないストロークで多く剃れる
  • 肌に軽く、回転させるだけで素早く剃れる
  • 努力に無駄が無いのでパワフルで静か

 

フィリップスシェーバーは種類が豊富

どのメーカーの電気シェーバーでもそうですが、意外と種類が多く、どの商品を選ぶかで悩まれるかと思います。ましてやプレゼントとなればさらに選出するのが難しいと思います。

フィリップスシェーバーはざっくりと分けると、9000シリーズ・7000シリーズ・5000シリーズがあり、予算に合わせて選ぶのがいいかと思います。

数字が大きいほど価格は高くなります。9000シリーズが高価格で5000シリーズが低価格となります。

9000シリーズが最上位モデルで、安定の中間グレードが7000シリーズ、そして最下モデルは5000シリーズとなります。そしてフィリップス史上最高の深ぞりを実現したS9000プレステージモデルが2018年から加わりました。

そして、9000・7000・5000それぞれのシリーズの中にも上位モデルから最下モデルまでラインナップされています。

たとえば、5000シリーズはシリーズの中では低価格モデルですが、5000シリーズにラインナップされてるすべての商品が安価モデルではありません。とくに5000シリーズは種類が多く、一番悩むモデルでもあり、一番おすすめできるモデルでもあります。

フィリップスシェーバーはイヤーモデルとなっていて毎年商品が入れ替わります。ですので、前のカタログには載っていたが最新のカタログには載ってないといった商品もあります。ちょっと分かりずらいですね。

ですので私が実際に購入して使っているモデルをご紹介したいと思います。

 

選んだモデルはフィリップスシェーバーS5231

いろいろと悩んだあげく、私が選んだモデルは5000シリーズモデルのS5231でした。選んだ理由は装備・価格それと付属品です。

S5231に付属されているものはトリマーとシェービングケースです。もちろん充電器も付いてますが、こちらはついていて当たり前ですね。価格も私の予算にぴったりでしたので買いました。

購入はYahoo!ショップのケーズデンキ店で価格は11,664円でした。Tポイントがありましたので10,000円切った位で買えました。

1番の決め手はマルチプレシジョンブレードシステムを採用したモデルを買いたかったと言うことです。ここは絶対にゆずれない条件でした。

それから、シェービングケースが付いていたのも決め手でした。 社外品でもケースは売ってますが、ケース付を買った方が結果的に安いというのが本音です。

S5231にはトリマーが付属されますが、シェービングケース付きの商品を選ぶと必ずといっていいほど付いてきます。

購入して3ヶ月ほど経ちますが、トリマーは1度も使ったことはありません。この先も使うのかと言われれば使わないような気がします。

ですが、あればいずれ使うかなと思い今も大事にとってはあります。

 

一番の決め手はマルチプレシジョンブレードシステム

安いモデルになれば5000円もしない商品もあるフィリップスですが、安価なモデルを選ぶとマルチプレシジョンブレードシステムがついてきません。

マルチプレシジョンブレードシステムとは剃り刃の特徴です。丸みを帯びたヘッドと刃に特徴があり、肌に優しい剃り心地なのに深剃りまでできる優れものです。

マルチプレシジョンブレードシステムによってヒゲを立たせてカットしてくれるので、何度も何度も繰り返し剃らなくてもやさしく剃りあげてくれます。

回転式は深剃りはあまり得意ではないと聞きますが、充分すぎるほどの剃り味です。なのに肌にはとても優しいです。

肌が荒れやすい私にとってフィリップスのシェーバーはとても使い心地が良いです。

肌が弱く赤くなるなど、髭を剃るたびに肌を痛めてしまう方におすすめできるシェーバーです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m