ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

Suica定期券と磁気定期券どちらを選べばいいの?メリットやデメリットは?

f:id:step4295:20170414140551j:plain

私の息子が進学を期に電車で通学する事になりました。

電車で通学と言えば定期券ですよね。

私も27年程前は電車で通学したものでした。

定期券を車掌さんに提示して改札を通過してたと記憶しております。 

現在は改札機に挿入する磁気定期券と改札機のicマークにタッチするSuica定期券があります。

どちらを買うか迷いましたが、我が家はSuica定期券を購入しました。

どんな機能があるのかを調べてみたいと思います。

 

 

Suica定期券のメリット 

パスケースなどに収納したままで使える

磁気定期券は、財布やパスケースから出し改札機の投入口へ入れなければいけませんが、Suica定期券ならパスケースに入れたまま自動改札機の読み取り部にタッチするだけでOK

見開きタイプのスマホケースにはカードポケット付の商品があります。

カードポケットにSuica定期券を入れ、スマホケースを閉じたまま読み取り部にタッチで改札機を通過することができます。

財布も同様、Suica定期券を出さずに使うことができます。

いちいち定期券を出す手間がないから便利と息子は言っております(^_^)

 乗り越しても改札機で自動清算ができる

Suicaはあらかじめチャージ(入金)しておけば乗り越した分の切符を購入したり清算する必要がありません。

Suica定期券も同様の機能があります。

ただし、IC運賃が適用されます。

きっぷ運賃より高い場合や安い場合、同額の区間とさまざま。

ちなみに息子の利用区間は、切符よりIC運賃のほうが2円高いです。

そうなると、Suica定期券の料金も高いの?と心配されるかと思いますが、定期券の料金は、磁気定期券もSuica定期券も同額ですのでご心配なく!

定期券区間外で清算する場合の話ですので、お間違えなく!

 万が一無くした場合、再発行ができる

定期券は結構高額でして、6ヶ月ともなると6万円(我が家の場合)を超えます。

無くすこと事態が許されないといってもいいでしょう!

それでも万が一、無くした場合Suica定期券再発行することができます。

持ち主と確認が取れた時点で紛失したSuica定期券を停止し、新たにSuica定期券を発行してもらえます。

とてもうれしいサービスですね(^_^)

もちろん、無料というわけにはいきませんが、再発行手数料510円+新たなカードの預り金(デポジット)500円合わせて1,010円で再発行できます。

それに対し、磁気定期券は無くした場合、再発行は出来ません。

再度購入し直し、紛失した定期券が見つかり次第、返金される仕組みです。

見つからなかった場合は、お金は戻ってきません。

1,010円は支払わなくてはいけませんが、見つからなかった場合のことを思えばSuica定期券が安心ですね!

 

Suica定期券のデメリット

私的には無いですね。

あえてデメリットを言うならば、Suica定期はカードを発行する際、預り金(デポジット)500円がかかります。

しかし、必要無くなった時カードを返納すれば預り金(デポジット)500円は戻ってきますので、実質0円ですので、デメリットとまでは言えないかもしれませんね(^_^)

 

磁気定期券のメリット

磁気定期券のメリットは、正直あまりありません。

唯一メリットかなと思われる点は、定期券を利用して新幹線に乗車する場合です。

その前に、新幹線に乗るためには条件があります。

ご利用になられている定期券区間内に、新幹線駅が2駅以上含まれる定期券でなければ新幹線を利用することはできません。

わかりやすく言えば、自分の定期券区間内で、乗車する駅と下車する駅にそれぞれ新幹線駅があれば、ほぼ利用することができます。

新幹線を利用する場合、定期券にプラス特急券が必要になります。

この特急券を買う場合、Suicaの場合は事前に必要な金額をチャージした状態で、特急券を買わなければなりません。

残額が1,000円未満ですと改札を入場することができません。

加えて、Suicaへのチャージは1,000円単位になりますので、場合によっては特急券料金以上のお金をチャージする必要があります。

例えば特急券料金が 1,100円だとします。

Suicaの残額が0円だとします。

この場合、Suicaにチャージしなければならない金額は2,000円になります。

1000円単位でのチャージになりますので、どうしてもこのように多めに金額をチャージしなければなりません。

対して磁気定期券の場合は、チャージするのではなく、券売機で特急券を購入して、磁気定期券に特急券を添えて利用します。

先程の話を例にしますと、特急券料金が1,100円でしたら、券売機で 1,100円で購入することになります。

Suicaのように必要以上のお金を払う必要がないので、特急券料金によっては磁気定期券の方が、余分なお金を使わずに済みますので、メリットと言えるのではないでしょうか。

ちなみに駅構内では、Suicaを利用してお買い物ができる売店などがあり、切符以外にもSuicaは使えますので、場合によってはデメリットとまでは言えないかもしれません。

 

磁気定期券をSuica定期券に変更できるんです!

磁気定期券を購入はしたもののやっぱりSuica定期券に変更したいけどそんなことできるの?

とお考えの方、磁気定期券をSuica期券に使用途中でも変更が出来ます。

変更したい場合は、Suicaエリア内にあるJR東日本の駅にある「指定席券売機」「多機能券売機」「みどりの窓口」でSuica定期券に変更することができます。

心配な場合は「みどりの窓口」で相談されるのがわかりやすいかと思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

我が家は以上の事からSuica定期券を購入しました。

磁気式定期券のように使うたびに出し入れを繰り返せば、紛失する可能性もでてきますので、パスケースや財布などから出さずに使えるSuica定期券はとても便利だと言えるのではないでしょうか!

もちろん磁気式定期券も使用地域や使用区間によってはメリットがあるかと思いますが、我が家では特に当てはまるところがありませんでした。

御参考になれば幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m