くらしの知恵.ラボ

日常生活に役立つ情報や日々のお悩みを一緒に考えていくブログ

年の差婚が増えている⁈あなたが親なら賛成できますか?


f:id:step4295:20171227182603j:plain

芸能人でも最近多く見かける年の差婚。

芸能人なら年の差婚もなんとなく気になりませんが、一般の方ならどうでしょう?

芸能人だから一般人だからと言う括りで考えるテーマではありませんが、皆さんどうお考えなのか気になりますよね。

結婚する当人たちなら、たいしたテーマでは無いかもしれません。

しかし親の立場ならどうでしょう。

一変して、とても悩むテーマだと思います。

あなたが親なら、子供の年の差婚、何歳までなら許せますか? 

 

 

あなたが親なら何歳までなら年の差婚を賛成できますか?

結婚は、お互いが良ければ歳の差なんて気にしないとよく聞きます。

確かに、結婚する2人が気にしなければ何歳離れていようと、周りがとやかく言うことではありません。

しかし、もし自分がその親の立場ならどうですか?

「お互いが良いなら、いいんじゃない」と迷わず言えますか?

では、あなたが親なら歳の差何歳までなら許せますか?

  

娘の親か息子の親かで年の差婚の考え方が違うみたい

親の立場からといっても、娘の親なのか息子の親なのかで、年の差婚への考え方は大きく変わるようです。

娘さんをお持ちの親御さんならどうなのでしょうか。

娘の年齢で親の考えは変わる

30代の娘をもつ親なら

娘の結婚相手と考えた場合、おそらく男性が年上というのが一般的かと思います。

もちろん、今や年下と結婚する女性も増えてはきてますが、やはり歳の差が大きい場合は男性の方が歳上のケースが多いのではないでしょうか。

親が娘の結婚を気にしだすのは30才を過ぎてから、という親御さんが多く見受けられます。

「30を過ぎたら相手が何歳だろうと、幸せになってさえくれればそれだけでいい」とおっしゃる親御さんも多いようですね。

多少なら歳が離れていても、娘さんの年齢が上がるにつれて、あまり歳の差が気にならなくなるようです。

「結婚さえしてくれるなら」と言う考え方なのでしょうか。

ですが、結婚相手が親と同じ歳もしくは親の歳に近いとなると、 30代の娘を持つ親でもさすがに悩むようです。

20代の娘をもつ親なら

20代の娘を持つ親の考えは、30代の娘をもつ親とは考え方が真逆のようです。

20代の娘をもつ親は、それほど結婚に積極的ではありません。

ですので、相手との歳があまりに離れすぎていると、非常に考えてしまうようです。

娘の年齢にもよりますが、できれば年の差10歳までならという意見が多いようです。

しかし、娘が20歳なら年の差10歳も躊躇してしまうようです。

娘が20歳なら、できれば相手も20代であってほしいと考えるようですね。

 

年の差婚の現実

実際に年の差婚をされた方は幸せに暮らしているのでしょうか?

そこには現実的な悩みがあるようです。

例えば、あなたが25歳で、20歳離れた45歳の男性と結婚したとします。

今後の生活は、どのように変わっていくのでしょうか。

年の差婚をするなら子どもの将来も考えて

お互いが良くても子供を作ると考えた場合、歳の差には限界があるかと思います。

翌年に子どもを授かったとして、子どもが小学生になる時、旦那さんは53歳です。

お父さんというより、おじいちゃんに近い年齢になってます。それでもまだまだ50代ですから若作りもできるかと思います。

しかし、子どもが大学に進学する年ならどうでしょう。

子どもが19歳の時に旦那さんは65歳。

あなたは45歳ですからまだまだ若いですけど、旦那さんは定年退職を迎える歳になります。

子どもが大学へ進学し、まだまだお金がかかるという時に旦那さんは定年を迎え、年金暮らしになるかもしれません。

そう考えた場合、あなたが正社員で働いてなければ、年金頼みの生活になってしまうかもしれませんね。

今は良くても、定年後の生活はどうなるのか

年の差婚の場合、旦那さんの収入は多いに越したことはありません。

なぜなら、定年がくるのが早いからです。

あなたの旦那さんが定年を迎えた時に、あなたはまだまだ現役世代です。

お友達のご主人がバリバリ働いている時に、年金生活を迎えることになります。

そのことを考えたうえで、将来のために貯蓄をしておかなければなりません。

介護生活が早まることになる可能性も 

ご主人が年上なら、そのご両親の年齢も高くなります。

そう考えた場合、義理の両親の介護が早く来る可能性があります。

あなたのお友達よりも早く、あなたは介護生活を迎える可能性が出てきます。

それだけではありません。ご主人の介護も考えなくてはいけません。

年が離れているということは、そうゆうこともありえるということです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

結婚はお互いの自由ですし、何歳年が離れていようがお互いが良ければ周りがとやかく言うことではありません。

しかし、親の立場から考えた場合、素直に賛成できるかといえば、考えてしまうかもしれません。

無暗に反対することもできませんし、だけど、子どもの未来も心配だし。

年の差が大きければ大きいほど、とても根が深いテーマだと感じますね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m