ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

ホントはどっち?食後の昼寝って本当によくないの?!

f:id:step4295:20171205112626j:plain

食べた後って眠くなりませんか?

私はいつも食後は眠くなります。爆睡です。

しかし、食べてすぐに横になると牛になるとよく母や祖母に言われたものです。

今は妻にこっぴどく叱られますので、食後に横になったことなど結婚してからはありませんが(^_^;)

しかし、本当のところどっちなんでしょう?

食後に横になる事は本当に良くないのでしょうか?

いろいろと調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

 

 

ホントは食後に横になると消化を助ける

「食べてすぐ横になると牛になるよ」などと母親から叱られた経験は、誰でも覚えがあるのではないでしょうか。

しかしながら、食べてすぐに横になったからといって、当然ですが牛になる事はありません。

これは「食べてすぐ横になると消化に良くありませんよ。」と言う健康上の理由ではなく、行儀が悪いといったマナーをしつけるために、言い伝えられた言葉です。

消化のうえから言えば、食事をして横になりリラックスするのは、むしろ理想的だと言われています。

 

食べた後、眠くなるのは自然なこと

食べた後、眠くなりませんか?

私はとても眠くなります^^;

実は、これにはきちんとした理由があります。

食後に眠くなるのは、食べたものを消化するために、胃が活発に活動しているからです。

血液が消化のために胃腸へ集中し、頭や体に血液があまり巡らなくなるからなのです。

そのために眠気がさすのです。

食後に横になると、血液の循環が胃腸に集中しますので、スムーズに食べ物が消化されます。

しかし注意点として、食後に横になる事は良いのですが、休憩を取るだけで眠らないようにすることが大切です。

私のように爆睡してはいけませんよ。

 

食後に横になってはいいが、眠てはダメってご存知ですか?

食後に横になってもいいけど、眠ってはいけないということを、ご存知でしょうか。

それは、寝てしまうと体全体の機能が低下してしまうため、胃腸の機能も低下してしまうからなのです。

睡眠中は起きている時よりも、消化に時間がかかってしまいます。

そのために、消化がスムーズに行えなくなり、胃腸に負担をかけてしまうことになります。

ですので、横になりぼーっとするくらいが、ちょうど良いのです。

 

食後の昼寝は15分

食後に昼寝をするなら、15~20分が理想と言われています。

なぜ、15~20分が理想的なのでしょうか。

それは、深い眠りに入る手前だからです。

先ほども言いましたが、熟睡してしまうと胃腸の機能が低下してしまい、消化に時間がかかるようになってしまうからです。

それ以上寝てしまいますと脳への血流が低下してしまい、頭がボーっとしてしまいます。

場合によっては、頭痛を引き起こしてしまいます。

ですので、タイマーをセットしてから昼寝をすることをおススメします。

午後の仕事に影響がでてしまいますので、寝すぎないように注意しましょう。

 

昼寝をする時は、カラダの向きを気をつけよう

食後に横になって休むことはいいことなのですが、体の向きを気をつけることが大切です。

仰向けになって休むと、胃液が上がってくることがありますので、仰向けで休む場合は、頭の位置を高くすると良いです。

または、右側を下にして横になった方が消化に良いです。

ただし、逆流性食道炎の方は、左側を下にして横になるようにしてください。

逆性食道炎の方が、右側を下にして横になると、胃液が上がってきますので、逆効果になります。

昼寝をするときは、体の向きを間違わないように気をつけましょう(^_^)

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

たべものの消化と吸収のために本当にやっていけない事は、昼寝よりも暴飲暴食です。

三度の食事の他にも、お茶の時間や夜食など絶え間なく食事をしてしまう事がありますよね。

もちろん、たまのご褒美ですので、誰にも止める権利はありません。

しかし、毎日毎晩のように繰り返すのは良くありませんよね。

胃袋は、寝ているときも起きている時も休みなく働き続けることになりますから。

胃炎や胃潰瘍などは、我慢ができなくなった胃袋からの警鐘と言えますね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m