ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

700MHz利用促進協会とやらが「こちらのエリアはテレビの映像が乱れる可能性があります」と、やってきた。

f:id:step4295:20170926163839j:plain

「こちらのエリアはテレビの映像が乱れる可能性がありますので、調査に参りました。」

などと話す訪問者が表れました。

「テレビの映像に影響が出る場合があります。こちらの地域は対象になってますので、調査に参りました。」

と、電気屋さんっぽい方が訪問してきました。

信用できますか?というお話です。

とっても胡散臭い話ですが、真相はどうなのか調べてみました。

 

 

 一般社団法人700MHz利用促進協会と名乗る業者が訪問してきた

「テレビの映像に影響が出る場合場あいます。こちらの地域は対象になってますので、調査に参りました」と、訪問者がチラシをもってやってきました。

f:id:step4295:20170926164713j:plain

こんなチラシです。

 一見怪しそうに感じるこの話、実はちゃんとした団体が運営する一般社団法人なんです。

この一見怪しそうな団体は、「一般社団法人700MHz利用促進協会」と言います。

700MHz利用促進協会は、ドコモ・KDDI・au沖縄セルラー・ソフトバンクの携帯電話事業者が設立した一般社団法人です。

今回に至った経緯は、

  近年スマートフォンの急速な普及に伴い、移動通信サービスにおけるデータ通信量は急激に増加し、今後も更なるデータ通信量の増大が予想されていることから、総務省では、ひっ迫する移動通信サービスの周波数を確保するため、700MHz帯を再編し、移動通信サービスへの周波数帯の割り当てを決定しました。

それに伴った、調査というわけでございます。

ではなぜ、調査が必要なの?ってことですよね。

 

テレビアンテナの調査の目的は?

それは、近年急速なスピードで増え続けているスマートフォンを、より使いやすくするためなんでよね。

スマートフォンは、今や生活に必要不可欠な存在になりましたよね。

今後さらにスマホは進化し、今よりもっと必要になる時代がやってきます。

そのために、必要な調査なんですよね。

近年スマホが増え続けることで、スマホを使うための周波数が込み合うようになり、通

信速度の低下など、生活に影響が出始めています。

すでに、スマホに割り当てられている周波数が混雑している状態なんです。

そのために、新たに通信帯を設けることが必要不可欠な状態になってきました。

その新たな周波数が700MHzなのです。

法人名にも入ってますよね。

法人名にも入ってます700MHz帯をスマートフォンの周波数に使いますよってことなんですよね。

「スマホの通信速度が落ちるのは困りますし、どうぞよろしくお願いしますね」っ話ですよね。

なんですが、ここからが本題です。

ではなぜ、アンテナやブースターを調査したり、場合によっては交換が必要なのか?

 

なぜ、アンテナやブースターの調査が必要なのか?

ではなぜ、アンテナやブースターの調査が必要なのでしょう。

法人名にもなってます、700MHzがカギとなってます。

スマートフォンの通信に使いたい700MHz帯は、テレビの周波数に近いため、場合によってはテレビの映像が乱れたり、最悪の場合映らないなど、テレビの映像に影響がでる場合があるからなのです。

ですので、テレビが見づらいなどの迷惑がかからないように対象地域を回り、対策が必要なお宅には、無償で交換などの対策をしますよって話なんですよね。

「でも、無料と聞くとなんだか信用できないなぁ~」と、不安になりませんか?

詐欺が横暴しているこの世の中ですから、簡単には信用できませんよね。

私も「胡散臭い話しだなぁ」と思ったので、チラシだけを受け取って帰ってもらいました。

調べてみると、「一般社団法人700MHz利用促進協会」なる法人は、きちんと存在しております。

www.700afp.jp

ホームページもありますし、内容も間違いないと思われます。

どうして、このような処置が必要なのかもわかりました。

しかし、しかしですよ!

信用できる団体だからといって、訪問者を簡単には信用できないのが世の常でございます。

ましてや、会社名を勝手に名乗る不届きものもいますので、簡単には信用できませんよね。

ですので、まずは本人確認をしっかりとしましょう。

 

信用できないなら調査員の本人確認をしよう!

先にも言いましたが、団体や事業内容は間違いのないモノです。

ですので、事業そのものは信用できますので、ご安心ください。

しかし、訪問者は「一般社団法人700MHz利用促進協会」から委託された事業者です。

もっとわかりやすく言いますと、地元の電気工事屋さんです。

ですので、担当事業者エリアによって違います

訪問してきた事業者は【テレビ受信障害対策員証】という顔写真付きの身分証明書を携帯しています。

担当事業者の身分確認の手順

  1. 訪問してきた担当者に身分証を提示してもらう。
  2. 身分証の右上に記載されている登録番号と訪問担当者の氏名を控える。
  3. 一般社団法人700MHz利用促進協会に電話をして、本人確認をする。

電話番号はチラシの中央に書かれてます、 0120-700-012 です。

待ち時間も少なく丁寧な対応でしたので、気楽にお電話かけてみてください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

「一般社団法人700MHz利用促進協会」を知らない人は、私を含め意外と多いのではないでしょうか。

聞きなれない団体名ですし、疑いたくもなりますよね。

しかし、「一般社団法人700MHz利用促進協会」は怪しい団体ではありませんのでご安心ください。

しかし、訪問者はそれを装った詐欺師の可能性もありますので、チラシに書かれてます電話番号にかけて、本人確認を必ずしましょうね(^_^)

 

※2017年9月30日追記 

本日、アンテナとブースターの点検に来ていただきました。

去年、アンテナを交換したばかりで、その時にブースターも一緒に交換したので、点検だけで済みました。

2人組で声を掛け合いながら、とても丁寧で親切な工事担当者さんでした。

胡散臭いなどと言ってしまい、申し訳ありませんでしたm(__)m

ご近所さんの情報ですが、 「700MHz利用促進協会」のことは、市役所に相談したそうです。

「大丈夫ですよ!」とのお墨付きを頂いたので、工事をお願いする運びとなったそうで、我が家もその流れでお願いしました。

どうしても心配な時は、区役所や市役所などに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m