ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

夜泣きの原因と改善策をご紹介!夜泣きをするのには【理由】がある⁈

f:id:step4295:20170819153011j:plain

 「夜泣きがひどくて睡眠不足。改善する何かいい方法はないだろうか?」

とお悩みではありませんか?

1~2歳のお子さんをお持ちのママさんなら、誰もが一度は経験する夜泣き。

日中はやることが沢山あって、昼寝をする時間がない上に、夜まで休む時間が無いのでは、寝不足になってしまいますよね。

 

しかし、大変なのはママさんだけではないかも?

泣いてる子どものほうだって疲れますよ!

夜泣きをするには、きっと理由があるはず。

子どもだって、ママさんと同じ。ゆっくり寝たいにきまってます。

 

お互いにゆっくり眠る時間を作るためにも、夜泣きの原因があるのなら、それを取り除けばいいのです。

夜泣きが減れば、子育てに余裕ができ、さらに良いコミュニケーションが取れるようになるかと思います。

 

ここでは、夜泣きの原因になりうる事柄と、その改善策を紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

お昼寝の時間は足りてますか?

子供にとってお昼寝の時間は昼間にたくさん遊んで刺激を受けた心と脳を休める大切な時間です。

お昼寝の時間が取れないと脳は刺激を受けっぱなしで、キャパオーバーしてしまいます。

体は疲れきっているはずなのに脳は興奮状態のまま。

そのせいで夜泣きをすると言われています。

 

疲れすぎて眠れないことありませんか?

私たち大人でも経験したことがあるかと思います。

子供も同じです。

 

どうしてもお昼寝をしたがらない時は、無理に寝かしつけなくても良いです。

眠らないまでも、横になるだけでも疲れは取れます。

子供と一緒にごろごろしながら休憩するのも良いかと思います。

 

日中に強い刺激を受けてませんか?

幼稚園に行かれているお子さんなら行事ごとがあった日や、遠出の旅行で一日中遊んだり、来客等があったりと、日中に強い刺激を受けることによって夜泣きをするお子さんもいます。

 

それによって昼寝の時間が短かったり又は、昼寝をしなかったりなど、脳が休まらなかったことで、夜泣きをすることもあります。

 

このように忙しかった日は、寝る前に1日の出来事を子どもとゆっくり話しをするのも良いかと思います。

「今日はとっても楽しかったねー」「また遊びに行きたいねー」など、添い寝をしながらコミュニケーションをとることで気持ちが落ち着き、ぐっすり眠ることができるのではないでしょうか。

 

生活のリズムを一定にする

どうしても平日と休みの日では生活リズムが変わってしまいがちですが、できるだけ変えないようにしましょう。

 1日の生活リズムを一定にすることで、子供の気持ちが安定すると言われています。

  • 毎日決まった時間に起こす
  • 朝日を浴びるようにする
  • 朝起きたら必ず着替えをする
  • 食事は決まった時間に食べる
  • 決まった時間にお風呂に入る
  • 決まった時間に寝る

生活リズムを一定にすることで、心も一定に保つことが出来ますので、夜泣きをする事も少なくなるかと思います。

 

短い間隔で何度も夜泣きをする

30分や1時間と、短い間隔で何度も夜泣きをしてする、といったことがありませんか?

このような夜泣きの場合、日中より授乳の間隔が短いのではないでしょうか。

 

おっぱいを欲しがる間隔が短いということは、眠りが浅く熟睡できてないのかもしれません。

「眠たいけど上手く眠れない」「眠れないからおっぱいを欲しがる」「おっぱいで寝付く」「おっぱいがないことに気づいて目が覚める」

を、繰り返しているのかもしれません。

 

この場合、口寂しさからおっぱいが癖になり、眠りが浅くなってる可能性があります。

心あたりがあるようでしたら、夜間断乳をしてみてはいかがでしょうか。

 

泣いてもすぐに授乳するのではなく、添い寝をしてトントンをしてあげたり、抱っこで寝かせつけるようにします。

慣れるまで、数日間は大変かとは思いますが、必ず成果は出ますので、諦めずにがんばりましょうね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

  • 昼寝は子供にとって、とても大切な時間。昼寝ができなければ横になるだけでも効果あり。
  • 強い刺激を受けた日は、寝る前にコミュニケーションをしっかり取りましょう。
  • 平日休日を分けず、一日の生活リズムを一定にしましょう。
  • 短い間隔で夜泣きをするようなら、おっぱい癖がついてるかも。夜間断乳をしてみては。

睡眠不足によって疲れがたまってくると、ちょっとしたことでもイライラしたりするようになってしまいます。

その気持ちは痛いほどわかります。

しかし、子どもはママさんの気持ちに敏感に反応します。

ママさんの気持ちが不安定だと、子どもはとても不安になります。

ですので、ママさんが元気であることがとても大切なのです。

大変かとは思いますが、頑張りすぎないようにしてくださいね。

パパさんにも協力してもらいましょう!

楽しい子育てライフを送れるよう祈っております(^_^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m