ウィスラボ

生活のさまざまな知恵を創造する雑記ブログ

新車orカーリースどっちがお得?知っておきたいカーリースの3つのデメリット。

f:id:step4295:20170801121231j:plain

月々少ない金額で新車が乗れると評判の個人カーリース。

自動車メーカーなどでは「残クレ」、某有名ガソリンスタンドでは「Myカーリース」といった商品のことをさします。

新車を月々少ない支払で乗れるのは、とても魅力的ですよね。

カーリースは月々の支払いに含まれるものは、車検にかかる重量税や自賠責保険、車両のメンテナンス費用などや年に一度支払う自動車税が、月々の支払いに含まれます。

ですので、カーリースは面倒な支払いがすべて含まれているところが魅力と言えます。

ワンランク上の車に乗ることも可能です。

しかし、魅力的な面にばかりに目がいきがちですが、メリットばかりという訳にはいきません。

カーリースはリースである以上、購入したのではなく、借り物だということを理解しなければいけません。

カーリースには色々な規約があり、意外と知られていデメリットがあります。

例えば 

  • 個人カーリース車両で事故を起こした場合は?
  • 決められた走行距離以上に走った場合はどうなるの?
  • リース契約の途中で、どうしても解約したい場合は?

個人カーリースを利用するにあたり、このことを理解したうえで利用しなければデメリットが目立つことも

これからお話しすることは、実は個人カーリースを利用するにあたり、隠れたデメリットがありますよ!というお話です。

どんな隠れたデメリットがあるのかをご紹介していきたいと思います。

 

 

カーリース契約の車で大きな事故をおこした場合のデメリット

カーリースは借りている車と理解しなければいけません。

もしも、リース契約中に大きな事故を起こしてしまったら。

借りものである以上、乗っている人が修理保証しなければなりません。

自分が加害者になるような事故でしたら当然のことですが、事故をもらうこともありえますよね。

もらい事故ならどうなのでしょうか?

もらい事故なら車の修理代は相手に修理代を払ってもらえますが、契約時に約束した「車の状態」では返すことはできません。

どうなると思いますか?

もらい事故であっても車の価値がなくなれば、残存価格を契約者が支払うことになります。

簡単に言えば「買い取とらなければならない」ということです。

このことから、修理の規模にもよりますが、当初の査定金額がほとんどつかなくなるような損傷の場合は、たとえきちんと修理をしたとしても、残存価格のほとんどを支払わなければならないことになります。

事故でないにせよ、擦り傷を付けてしまったり、車外車内に限らず、元に戻せないような汚れを付けてしまたりなどした場合も査定は下がってしまいますので、差額を支払うようになります。

個人カーリースの車両は、あくまでも借り物ですので、基本、元の状態で返すのがルールです。 

  

カーリース契約の車は、決められた走行距離より多く走った場合は差額分を支払うことに

走行距離も、定められた走行距離よりも多く走るとその分、車両の査定は下がります。

車両の査定が下がるということは、当初の下取り価格との差額を支払わなければならないということです。

では逆に、走行距離が少なかった場合、お金は戻ってくるのでしょうか?

残念ながら走行距離が少なかったとしても、その分お金が戻ってくることはありません。

約束した走行距離よりも多い場合はお金を支払うことになるが、少なかったからといってその分お金が戻ることはないということです。

月間の走行距離や走行超過分の支払う金額は、会社によって違いますので、見積もり時に確認するようにしましょう。

  

カーリース車はリース契約途中で解約した場合、解約金を支払わなくてはならない

リース会社を問わず、カーリースの中途解約をした場合、リース満了まで残された分のリース料を支払わなければいけません。

それも一括でです。

残された期間によっては、多額の解約金を支払わなければならないことになります。

中途解約をする場合に多い理由として、大きな事故で車両が修復不可能な場合です。

前にもお話ししましたが、自分で起こした事故にせよ、もらい事故であったとしても、思いもよらない金額を支払うことになります。

ですので、中途解約は基本できないものと考えた方がいいかと思います。 

 

では、カーリースのメリットってなに?

ではいったい、カーリースのメリットって何でしょうか?

カーリースのメリットは、

  • 高額な頭金が必要ない
  • 税金、車検費用、車のメンテナンス費用などが支払いに含まれてますので、月々の支払いが一定
  • ワンランク上のクルマに乗ることもできる
  • 手軽に新車を乗り次ぐことができる

3年、5年と短期で車を取り換える方にとってはカーリースは良いかと思います。

それと、2年に一度の車検費用やメンテナンス料金、1年に一度の自動車税など、その時期に合わせて必用な金額を事前に用意しておかなければなりませんので、このようなわずらわしさはなくて済みます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

CMでおなじみの個人カーリースですが、CMや広告からは伝わらないことが結構ありますね。

カーリースは最終的に買い取りを考えてないのでしたら、基本、神経を使いながら乗らなくてはならないことが分かって頂けたのではないでしょうか。

どんなに神経を使ったとしても、買った時と同じ状態で返すことは不可能に近いですので、多かれ少なかれ差額分を支払うことになるのではと思います。

最長9年までリース契約ができるプランもありますが、ここまで長く契約をするのでしたら、初めから新車をローンで買ったほうがカーリースに比べ、支払総額が少なくて済みます。

9年もカーリース契約をすると、支払総額がばかになりません(*_*)

車を長く(10年以上)乗りたいとお考えでしたら、カーリースではなく新車の購入をおすすめします。

カーリースは、よく理解したうえで利用しなければ、デメリットばかりが目立つことになりますので、カーリースをご検討されてるのでしたら、メリットよりもデメリットをよくご理解したうえで、ご検討して頂けたらと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m