ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

【子どもの歯並び】矯正ではなく歯並びを綺麗にする方法をご紹介

f:id:step4295:20170729161815j:plain

歯並びが綺麗だと印象がとてもいいですよね。

子を持つ親としては、わが子の歯並びは綺麗にしてあげたいと願うものです。

  • 歯並びを綺麗にするためにはどうすればいいのか?
  • 矯正ではなく歯並びを綺麗にする方法はないだろうか?

これから歯が生え変わる時期にきているお子さんをおもちでしたら、

今がとても大切な時期です。

乳歯の生え変わりは、自然に抜けるまで待つという方のほうが多いのではと思います。

私が幼かった頃も当然のようにそうでした。

しかし、歯の生え変わりは自然に抜けるのを待っていてはダメですよ!

歯の生え変わり時期に、上手に歯を抜いてあげることで矯正をすることなく、自然に歯並びを綺麗にすることもできます。 

【注】

歯科医との協力のもと行った方法です。

主治医に良くご相談のうえ、治療を行ってください。

すべての方が成功することを保証する内容ではありませんので、予めご了承願います。

 

 

歯並びを綺麗にするためには、生え変わり時期が大切

歯並びが悪くなる原因の一つに、歯の生え変わり時期があります。

永久歯が生えてこようとする時に、タイミングよく乳歯が抜ければ何の問題もありませんが、いつまでも乳歯が抜けないまま残っていると、次に生えてくる永久歯に影響が出ることがあります。

綺麗な歯並びにしたいのなら、乳歯は歯医者さんで抜いてもらいましょう! 

乳歯がなかなか抜けずにいつまでも残っていると、次に生えてくる永久歯は行き場に困り、永久歯がずれて生えてくる原因になります。

通常、永久歯が形成され始めた段階で、乳歯の根は溶かされ、生え変わる準備に入り、徐々に乳歯はぐらつき始め、最後は抜け落ちます。

しかし、グラグラしてきたのに中々、乳歯が抜けてくれない時がありますよね。

そのうち抜けるだろうと放っておいて、もし、乳歯がいつまでも残ったままだったらどうなりますか?

行き場を失った永久歯は、ずれて生えてくることになってしまいます。

このようにならないためにも、定期的に歯の検診を受けることが大切です。

歯の生え変わりは自然に抜けるのを待つのではなく、歯医者さんに乳歯をタイミングよく抜いてもらうことで、綺麗な歯並びにすることもできます。

ですので、お子様が歯の抜け変わる年齢になりましたら、かかりつけの歯医者さんと相談の上、歯科医で抜歯することをおすすめします。

実際に私の子供の乳歯は、すべて歯医者さんで抜いてもらいました。

 

我が家で子供の歯並びを綺麗にするためにした方法

先にお話ししたように、私の子供の乳歯はすべて歯医者さんで抜いてもらいました。

きっかけは、虫歯でした。

いまでこそ歯磨きをきちんとするようになりましたが、幼いころは歯磨きが大っ嫌いで、歯磨きの度に大騒ぎする子でした。

大騒ぎする中での歯磨きですから、当然、虫歯が多くありました。

そのせいで、歯医者さんに通い始めたのは早く、幼稚園に入る前からでした。

幼いころから歯医者さんに通うことになってしまったことで、子供には辛い思いをさせてしまったと後悔したことを覚えています。

そんなある日、私は主治医の先生にこんな質問をしました。

「歯並びを綺麗にするためには、どんなことを気をつければいいのでしょうか?矯正する以外で歯並びを綺麗にする方法はありますか?」

主治医の先生は、親身になって私の話を聞いてくださいました。

その時に提案してくださったのが

【乳歯が自然に抜けるのを待つのではなく、歯医者さんにタイミングよく抜いてもらう】ことでした。

もちろん、費用もかかりますし、定期的な通院が必要なので時間も必要です。

ですが、将来、歯の矯正をすることになった場合と比べれば、費用は安く済みますし、時間も短くて済みます。

私の子供はこの方法で、「歯を綺麗に生え変わらせる」ことで「歯並びを綺麗にすること」ができました。

小・中・高と、学校の検診では毎回のように歯並びが綺麗だとほめて頂き、本人もとても喜んでます。

歯並びを矯正したの?とおっしゃった歯科医の先生もいたほどです。

わが子と歯科医の先生の協力があったからこそ、歯並びを綺麗にすることができた

しかし、ここまで来るまでは決して平たんな道のりではありませんでした。

歯科医の先生の協力はもちろん必要不可欠ですし、なにより子供の協力なしでは絶対に成功はありませんでした。

今思えば、幸いしたのは幼い時から虫歯で歯医者さんに通っていたことかもしれません。

主治医の先生はもちろんのこと、スタッフの皆さんにも慣れ親しんでいましたので、歯医者さんに通うことに、あまり抵抗がなかったことも幸いしたのだと思います。

それと、おもちゃに釣られてしまう子供の“性格”も良かったのかな(^_^;) 

【注】

歯科医との協力のもと行った方法ですので、主治医に良くご相談のうえ、治療を行ってください。

すべての方が成功することを保証する内容ではありませんので、ご了承願います。

 

虫歯予防にフッ素コートがおススメ

虫歯予防にはフッ素コートが良いとよく言いますが、どのようにフッ素コートをすればいいいのでしょう?

身近な商品でしたら、フッ素入りの歯磨き粉や、液体のデンタルリンスなどが市販されてます。

私がおススメするのは、歯医者さんでフッ素コートを施工してもらう方法です。

施工と言いましても、歯にフッ素を塗るだけです。

初めのころは数週間に一度通うことになりますが、その後は半年に一回のペースで施工しますので、定期検診の時に一緒にフッ素コートをすれば、何度も通う必要はありません。

幼少期は虫歯だらけでしたので、私の子供は歯医者さんでフッ素コートをしてもらってました。

中学校を卒業するまで、定期検診(半年に一度)の度にフッ素コートをしてました。

現在19歳になりますが、永久歯に生え変わってから一度も虫歯になったことがありません。

お子さんにフッ素コートをお考えでしたら、歯科医でされることをおすすめします。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

お子さんの歯並びを綺麗にしてあげたいと誰もが願っていることと思います。

歯科医の先生と子供の協力があれば、歯の生え変わりの時期に歯並びを綺麗にすることも可能です。

私の体験談ですので、これも一つの方法とご理解していただければ幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m