ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

【夏場の寝る時のエアコンの使い方】エアコンはつけっぱなしでも大丈夫!

f:id:step4295:20170713170059j:plain

「夏の暑く寝苦しい夜、エアコンはどのように使ってますか?
タイマーをセットするか、付けっぱなしにするか?」
と悩んでませんか?

  • 不注意で子供に風邪をひかせてしまった
  • タイマーをかけて寝てもタイマー切れた後暑くて寝苦しい
  • エアコンをつけっぱなしで寝てもいいのだろうか?

夏の暑い寝苦しい夜は、誰もが悩むことではないでしょうか。

小さなお子さんがいるご家族なら尚更の事、風邪をひかせてしまうのではないかと悩みますよね。

だからといって、エアコンを使わず寝るのは暑つくて熟睡ができず、寝不足なんてことにもなります。
就寝時のエアコンの使い方を知ることで、あれこれ悩むことがなくなります。

夜中に何度も起きて寝不足になることもありませんし、気持ちよく朝まで寝ることができます。

小さなお子さんがいるご家庭なら、風邪を引かせる心配もなくなりますし、何より熱中症予防にもなります。

 

 

就寝時のエアコン設定温度は28度に!

寝る時のエアコンの冷房機能の設定温度は、25〜29度と言われています。

28度位がちょうど良いのではないでしょうか。

風量は弱風にします。

エアコンの冷房は電気代がかかると言われていますが、スイッチを入れたり切ったりする方が実は電気代がかかったりします。

エアコンはつけっぱなしでも、弱風で一定温度に保つ方が電気代は案外安く済みます。

 

エアコンを付けて寝る時は、扇風機やサーキュレーターを使って冷えすぎを防止

エアコンの冷気は下に溜まりますので、床付近はどんどん冷えてしまいます。

ですので、扇風機やサーキュレーター等を使って、下に溜まった冷気を天井に飛ばすように風向を上向きにして、部屋全体が均等に冷えるようにします。

風向は絶対に体にあたらないようにしてください。

体を冷やし、だるさの原因になります。

 

就寝時はエアコンのタイマー機能は使わない

就寝時に限ったことではありませんが、エアコンを使うときって窓を閉めませんか?

おそらく、どのご家庭でもエアコンを使うときは窓を閉め切って使うかと思います。

窓を閉め切った部屋で、エアコンが止まったらどうなるでしょうか?

エアコンが止まった後、数分間は室温が保たれるかと思いますが、室内温度は徐々に上昇し、最後は蒸し風呂状態に。

暑苦しさに目が覚めて、結局またエアコンのスイッチを入れることになってませんか?

これの繰り返しでは、睡眠不足になってしまいますよね(^_^;)

結局、またエアコンを使う事になってしまうのなら、タイマー機能は使わずに弱風で連続運転にして使ったほうが経済的ですし、何より寝不足にならずに済みます。

  

エアコンのドライ機能は使わない

一つの部屋に数人で寝てる場合は、お互いの体温で室温が上昇してしまいます。

エアコンのドライ機能では部屋を冷やしきれず、かえって電気代がかかることも。

ドライ機能を使うより、冷房を設定温度を高め(28度位)にして使ったほうが経済的かと思います。

 

エアコン(冷房)を付けて寝る時の注意すべき点 

  • エアコンの風が体に直接あたらないようにする。
  • 直接、冷房の風が体にあたると風邪をひく原因にも。
  • タオルケットなどで体が冷えすぎないようにコントロールをする。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

  • 就寝時のエアコンの設定温度は28度に
  • エアコンを付けて寝る時は、扇風機やサーキュレーターを使って冷えすぎを防止
  • 就寝時はエアコンのタイマー機能を使わない
  • エアコンのドライ機能は使わない

寝る時にエアコン(冷房)を使うと翌朝体がだるくなるとよく言いますが、これはエアコンの設定温度が低すぎることと、冷風が体に直接あたることが体調を崩す原因です。

ですので、エアコンで体が冷えすぎないように設定温度は28度にして、扇風機やサーキュレーター等で冷気を循環させて、体温を下げ過ぎないようにしましょう。

ご参考になれば幸いです(^_^)

 

最後まで読んで頂きありごとうございましたm(__)m