ウィスラボ

生活のさまざまな知恵を創造する雑記ブログ

【食べてすぐに横になると牛になる】はウソ!ですが眠ってはいけませんよ!

f:id:step4295:20170707184029j:plain

食べた後って眠くなりませんか?

私はいつも食後は眠くなります。しかし食べてすぐに横になると牛になるとよく母や祖母に言われたものです。

今は妻にこっぴどく叱られますので、食後に横になったことなど結婚してからはありません(*_*)

しかし食後に横になる事は消化を助けるのに、とても良いと言われています。

食べてすぐに横になっても牛にはなりませんよ(^_^)

 

 

食べてすぐに横になっても牛にはならない 

「食べてすぐ横になると牛になるよ」などと母親から叱られた経験は誰でも覚えがあののではないでしょうか。

これは「食べてすぐ横になると消化に良くありませんよ。」

と言う健康上の理由からというよりは、行儀が悪いといったマナーをしつけるためにいい伝えられた言葉です。

消化の上から言えば、食事をして横になってリラックスするという状態はむしろ理想的だと言われています。

 

食べた後、眠くなるのは自然なこと

食べた後、眠くなりますよね。

それは食べたものを消化するために、胃が活発に活動しているからです。

血液が消化のために胃腸へ集中し、頭や体に血液があまり巡らなくなります。

そのために眠気がさすのです。

食後に横になると、血液の循環が胃腸に集中しますので、スムーズに食べ物が消化されます。

注意点として、食後に横になる事は良いのですが、休憩を取るだけで眠らないようにしましょう。

 

食後に横になっても寝てはいけない理由とは

寝てしまうと体全体の機能が低下してしまうため胃腸の機能も低下してしまいます。

睡眠中は起きている時よりも消化に時間がかかります。

そのため消化がスムーズに行えなくなり、胃腸に負担をかけてしまうことになりますので、横になりぼーっとする位がちょうど良いかと思います。

仰向けになって休むと、胃液が上がってくることもありますので、仰向けで休む場合は、頭の位置を高くすると良いです。

または、右側を下にして横になった方が消化に良いです。

ただし逆流性食堂炎の方は、左側を下にして横になるようにしてください。

逆性食道炎の方が、右側を下にして横になると、胃液が上がってきますので逆効果になりますので、向きを間違わないように気を付けましょう(^_^)

 

最後に

食物の消化と吸収のために本当にやっていけない事は、他にたくさんあります。

大体人間は普段から胃袋を酷使しすぎるようです。

三度の食事の他にも、お茶の時間や夜食など絶え間なく食事をしてしまうこともあります。

それでも胃袋は、寝ているときも起きている時も休みなく働き続けるわけですから。

胃炎や胃潰瘍は我慢ができなくなった胃袋からの警鐘なのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m