ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

軽キャンピングカーを買うなら、押さえておきたい3つのデメリット!

f:id:step4295:20170624165530j:plain

キャンピングカーと聞くとマイクロバスのような大きなクルマを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし、キャンピングカーも普通のクルマ同様に、種類があります。

先ほど触れましたが、マイクロバスのように大きなキャンピングカーや、トヨタハイエースや日産NV300といった車をベースに改造されたキャンピングカーもあります。

もう少し小さいサイズなら、トヨタタウンエースや日産NV200などをベースにしたキャピングカー、さらに小さいサイズのキャンピングカーなら、軽ワンボックスカーや軽ハイトワゴン、軽トラックなどをベースに製造されたキャンピングカーもあります。

この中でも人気が上昇中なのが軽キャンピングカーです。

巷では軽キャンパーと呼ばれ、ベースが軽自動車というメリットを生かし、今までのキャンピングカーではありえなかった価格で販売されているため、大注目のキャンピングカーです。

 

 

軽キャンピングカーといっても車種はさまざま

軽キャンピングカーといってもボディー形状が様々です。大きく分けてボディー形状は2タイプ。軽ワンボックスボディをそのまま利用したバンコンタイプ、軽トラックをベースに荷台部分にシェルを架装したキャブコンタイプとあります。

バンコンタイプは、ボディをそのまま使いますので、軽自動車規格すなわち黄色ナンバーです。

キャブコンタイプは、荷台部分にシェルと呼ばれる居住スペースを架装しますので、軽自動車規格をオーバーしがちです。

軽自動車規格をオーバーした場合は、小型乗用車扱いになり、更にキャンピング登録になりますのでナンバーは、白プレートの8ナンバーになります。

もちろん、軽自動車規格に収まっていれば、キャブコンタイプでも黄色ナンバーになります。

維持費重視ならバンコンタイプ、小さいながらに広さも欲しいならキャブコンタイプと言ったところでしょうか。

 

見た目重視ならキャブコンタイプ

f:id:step4295:20170624164358j:plain

一目でキャンピングカーだとわかるのは、キャブコンタイプです。

キャンピングカーをあまり知らない人でも、見た瞬間に普通のクルマではない事に気付くはずです。

小さくても、キャンピングカーのイメージに相違ないスタイルです。

スタイルが本格的なキャンピングカーだけに、普段使いに制限がありますが、それ故に、キャンピングカーの魅力がたっぷり詰まっているのがキャブコンタイプです。

 

普段使いからアウトドアまでさり気なく使うならバンコンタイプ

f:id:step4295:20170624164440p:plain

外観からはキャンピングカーだと気づかれにくいのがバンコンタイプです。

ポップアップルーフ付きのバンコンもありますが、ルーフに違和感が無く装着されてますので、一目見ただけでは気づかれにくいです。

キャンピングカー感を押し出したい人にとっては、物足りないと感じるかもしれませんが、逆に普通っぽさやさりげなさがバンコンの魅力だと思います。

お買い物からアウトドアまで違和感なく使えるのはバンコンタイプです。

 

軽キャンピングカーの3つのデメリット

あえてデメリットのみをご紹介したいと思います。

  1. 燃費が悪い
  2. タイヤの減りが早い
  3. 就寝スペースは確保できても荷物スペースが少ない

1と2は、実は深い繋がりがあります。

そもそもキャンピングカーベースになるバンタイプや軽トラックは、もともと燃費はさほど良くはありません。

原因は排気量の割に、車重が重いからです。

キャンピングカーに改造する事で、さらに車重が増します。(キャブコンなら300㎏程度増える)

すると、「スピードが出にくい、更にアクセルを踏み込む」を繰り返す走りに自然になってしまいますので、燃費が下がる訳です。

タイヤの減りも車重が増す事によって、磨耗が早まります。

3の就寝スペースは確保できても荷物スペースが少ないは、軽キャンピングカーは空間に制限がありますが、就寝スペースはしっかりと確保できます。

しかし、就寝スペース以外の、荷物を置く場所を確保する事が難しいです。

頭を捻り、テトリスを組み合わせるかのように、限られたスペースに荷物を置く工夫が必要です。

繰り返しになりますが、軽キャンピングカーは見ての通り空間に制限があります。

限られた空間の割には広いですが、ハッキリ言って狭いです(^^;)

1人又は2人で使うのが理想的ですが、お子さんが小学校低学年位まででしたら、ご家族でも使えるかと思います。

このようなことから、購入目的がハッキリしていて、軽キャンピングカーにぴったりの条件の方でしたら、軽キャンピングカーを是非、購入してください(^_^)

しかし、購入目的が価格や維持費だけに捉われてるのでしたら、もう一度よく検討することをおすすめします。

軽キャンピングカーと言えども、200万円以上しますので(^_^;)

 

軽キャンピングカーはこんな人におススメ

  • 一人旅が趣味の方
  • 夫婦、もしくはカップルで利用する
  • お子さんがまだ小さいご家族

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

価格が高いのが当たり前のキャンピングカーですが、 軽キャンピングカーが発売されてからというもの、キャンピングカーもとても身近な乗り物になりました。

小さくてもギャレー(キッチン)も付いてますし、就寝スペースもきちんと確保されています。

しかし、軽キャンピングカーのデメリットでお伝えしたように、目的に合わない方が購入しても、後で後悔してしまうことになりかねませんので、じっくりと検討することをおススメします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m