ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

新型シビックハッチバックとセダンのプロトタイプカーを観てきました!

f:id:step4295:20170608172540j:plain

地元のアウトレットパークにたまたま行ったら、新型シビックの展示会を観ることができました!

おさわりNGの展示会でしたが、間近で見れたし写真も撮れたので感激でした!

展示車両はセダンとハッチバックの2台で、残念ながらTYPE Rはありませんでした。

セダン・ハッチバック共にプロトタイプカーとの事で、ハッチバックは左ハンドル仕様でセダンは右ハンドル仕様でした。

とても親切なセールスマンに出逢えましたので、少しだけお話を聞かせて頂きました。

 

 

新型シビックの発表は7月ですが、販売は9月から

セールスマンいわく、7月発表で9月から販売が始まりますとのことです。

7月の発表を皮切りに、2か月間に渡り全国的にプロモーション期間を設けるそうです。

プロモーション期間終了後、9月より販売が始まります。

国内では初の試みとのことですが、海外ではわりとポピュラーなんだそうです。

国内生産してましたシビックセダンの販売が終了して10年の月日が流れました。

あっという間ですね。この間、限定的にTYPE Rの販売はしてはいましたが、生産もとはUKでしたし、輸入販売という形でしたので、国産シビックとしては長い眠りについてました。

そうゆう思いもあり、待ちに待ったシビックの復活を祝おうという思いと、シビックを知らない世代の方にも新型シビックを知ってもらおうとプロモーション期間を設けたとの熱い思いを聞かせて頂きました。

プロモーション期間の展示車両はセダンとハッチバックの2台だそうです。

残念ながらTYPE Rの展示車両は無いそうです。残念。

販売開始後もTYPE Rのデモカーや試乗車は全国的に導入されないそうで、社員ですら、納車の時以外にTYPE Rにお目にかかる事は無いだろうとおっしゃってました。

 

新型シビックハッチバック

f:id:step4295:20170608174027j:image

ハッチバックには18インチのアルミホイールが装着され迫力がありました。ヘッドランプは今のホンダ車らしいシャープなデザインで、LEDのポジションランプがフェンダーからバンパーラインに沿うようにライン状に入っていて綺麗ですね。

 

f:id:step4295:20170608172524j:image

マーカーランプはフロントフェンダーとフロントバンパーに挟まれるような感じで付いています。

たったこれだけですが、国産車には無い雰囲気がカッコ良すぎます!

国内仕様にも付くとのことです。

ハッチバックはレンズ色がアンバーで点灯するようになってます。

アメリカンな雰囲気がたまらん! 

 

f:id:step4295:20170608173313j:image

三角形を基調としたテールランプは、ホンダがお気に入りで採用してるデザインです。

フィットやジェイド、ヴェゼルなども、三角形基調のデザインですね。

個人的にはあんまり...そうですね~...好き嫌いが分かれるデザインかもしれませんね。

マフラーエンドはデュアルセンター出しで迫力満点です。タイプRは中央にもう一つマフラーがありトリプルマフラーになります。

フロント・リヤバンパー共に左右に大型のメッシュダクトのようなものが付いてますが、こちらはダミーですね。

フィットRSもそうなんですが、バンパー左右に付くメッシュダクトはどうなんでしょう? これはちょっと…。これ以上は言いません。 

 

新型シビックセダン

 一部の情報では、セダンにも6MTの設定があると報じられていましたが、国内ではCVTのみの販売になるそうです。

セールスマンいわく、根拠のない情報が出回り困りますとおっしゃってました。

知ってる情報はすべて教えますので、お気軽に店舗へお越しくださいとのことでした(^_^)

f:id:step4295:20170608172533j:image

ヘッドランプやグリルの基本デザインはハッチバック同じですが、バンパーはオリジナルデザインですね。

 プロトタイプである展示車両のヘッドライトは、丸いプロジェクタータイプになってますが、販売車両は四角い多眼ヘッドライトを採用するとのことです。

 

f:id:step4295:20170608172540j:image

セダンは17インチホイールが装着され、エレガントなデザインとなってますね。

しかし、このサイズのセダンなら最低でも18インチは欲しいところです。

オプションで選べるのなら、迷わず18インチホイールでしょう!

セダンにもサイドにマーカーランプが付いています。

形状は一緒ですが、クリアレンズでアンバー色に点灯するタイプになってます。 

 

f:id:step4295:20170609182403j:image

ルーフからトランクにかけての流れがスポーツハッチを思わせるデザインでかっこいいですね。

とっても綺麗なデザインに時間を忘れて見入ってしまいました(^_^)

セダンのテールランプもハッチバック同様、三角形を基調としたデザインになってますが、ハッチバックよりはカッコいいかも! 

 

f:id:step4295:20170608173223j:plain

セダンのグレード展開は、基本1グレードとのこと。

安価なグレードの採用は無く、本革シートやパワーシート等の有無で差別化するハイエンドなプレミアムカー的なグレード展開になるのではとのことです。 

 

新型シビックプロトタイプカーのオリジナルパンフレットもらいました!

f:id:step4295:20170609083622j:plain

表裏共にプロトタイプカー3機種が載っております!

厚手でしっかりとしてますので、カタログというより写真みたいな感じです。

シビックハッチバックの裏面にエンジンが載ってますが、これを見る限りではインタークーラの位置はバンパーの裏側に配置されるようですね。

シビックTYPE Rはボンネットにエアダクトが付いてますが、インタークーラー用でしょうか?

はっきりわかりませんね。 

シビックTYPE Rも観たかったな~。

f:id:step4295:20170609083602j:image

 

最後に

たまたま行った先でこのような展示会に遭遇できたことは奇跡的でした!

新型シビッックにはとても興味がありましたので、本当にうれしかったです(^_^)

妻も一緒に居ましたが、クルマに興味があるわけでも無く、退屈な思いをさせてしまったのではと気がかりでしたが、どうにも衝動が抑えられず長居をしてしまいした(^_^;)

新型シビックの発表も近づいてまいりました!

プロモーション期間にどのような催しが行われるのか今から楽しみです!

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

 

新型シビックの発売についてはこちらです(^_^) 

www.nitijoutie.com