ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

除湿機はコンプレッサー式とデジカント式があるってご存知ですか? メリットデメリットをご紹介!

f:id:step4295:20170608160235j:plain

お天気が悪い日の悩みと言えば、お洗濯の乾きが悪いことですよね。

雨の日が続くと家中洗濯ものだらけで、部屋中がジメジメ。

外に干しても、家の中で干しても、洗濯物がいつまで経っても乾かない(*_*)

そんな時に活躍するのが除湿機です!

一口に除湿機と言っても、種類がある事をご存知ですか?

除湿機には大きく分けて、コンプレッサー式とデシカント式があります。

恥ずかしながら私は知りませんでした(^_^;)

どちらも一長一短があり、どちら良いのか非常に悩みます。

価格も違うし、電気代も気になるし。

我が家も購入を検討中なのでどちらにするか色々調べてみましたので、ぜひご参考にしてみてください。

 

 

除湿機の除湿方式は大きく分けて2つのタイプがあります

コンプレッサー方式

室内の空気を吸い込み、その空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出すのがコンプレッサー方式です。

コンプレッサーを使うエアコンの除湿機能と同じです。

長所
  • 除湿力が高いので梅雨から夏場にかけて気温の高い時期に向いています。
  • 除湿量が多いので湿気の多い季節でもパワフルに乾燥ができます。
  • 消費電力が小さいのでお財布に優しい。(1時間あたり約5円)
  • 室内温度の上昇が少ない(1〜2℃)
短所
  • コンプレッサーがあるため音が大きい。(思ってるより結構大きいです)
  • 本体が大きいため重いので部屋の行き来にはあまり向いてません。
  • 気温が低い時期は除湿力が落ちる。

デシカント方式

除湿機内のヒーターで暖められた空気が熱交換器へ移動し、そこで冷やされて水となり排水タンクへ移動します。

わかりやすく言えば、吸水性の良い乾燥剤に水分を吸着させることで除湿しています。

メリット
  • 低温時での除湿力が大きいので冬場でも除湿能力が落ちにくい。(除湿能力としては1年を通して使える)
  • コンプレッサーがないので静か(無音ではありません)
  • 冬場の結露対策等の目的に除湿機を選ぶならデシカント方式
  • 小さく軽いので部屋を行き来させることができる
デメリット
  • ヒーターを使う分、消費電力も大きくなるので電気代が高い(1時間あたり約14円)
  • 発熱量が多いので部屋の温度が高くなる(3〜8℃)
  • 夏場は室内が熱くなり、人が頻繁に使うような場所には向かない

ハイブリッド方式(コンプレッサー式とデシカント式を融合させたタイプ)

夏場など温度湿度が高い時はコンプレッサー式で駆動して、冬場など気温が低い時はデシカント式て駆動します。

コンプレッサー式とデジカント式それぞれの欠点を補えるところがハイブリット式の長所です。

年中通して快適に除湿機を使いたいのでしたらハイブリット式がおススメです。

欠点は価格が高めなところです。

 

年間を通して使いたいならデシカント式

コンプレッサー式に比べて電気代が約3倍と高い点、室内温度が高くなるなど、我慢ポイントはありますが、年間を通して使いたいのでしたら、デシカント方式がおススメです。

 

ランニングコストで選ぶならコンプレッサー式

デシカント方式に比べ電気代は約3分の1と省エネです。

梅雨時期や夏場の気温が高い季節の除湿は得意ですが、冬場の除湿力は低くなりますので、これらを踏まえてランニングコストと気温の高い季節優先で選ぶのでしたら、コンプレッサー式をお勧めします。

 

価格も電気代も気にしないなら、だんぜんハイブリッド方式

価格や電気代は全然気にしない!

とおっしゃる方には、迷わずハイブリッド方式をおススメします。

デシカント式も、我慢ポイントがクリアーできれば年間を通して使う事は出来ますが、我慢なんてイヤ!とおっしゃる方には、ハイブリッド式をおススメします。

 

我が家で使っていたコンプレッサー式除湿機の簡単なレビュー

我が家で使っていたものは冷風機能が付いた除湿機で、コンプレッサー方式です。

冷風機能は扇風機よりは確かに涼しいですが、エアコンの代わりになるかと聞かれれば、そこまでの冷たい風は期待しないほうがいいです。

購入から15年、とても重宝してましたが、壊れてしまったので買い替えを検討中です。

常に使っていたわけではありませんが、無いととても不便だと妻が申しておりまして(^_^;)

確かにコンプレッサー式は音は結構うるさいです。ですが、除湿機能は申し分ないでよ。

梅雨時期はもちろんのこと、お天気が悪い日にも大活躍です。

梅雨時期でしたら夕方まで自然に室内干しした後、除湿機を使えば2~3時間で乾きます。

確かに排気熱で部屋温度は高くなりますが、1~2℃ですしムシムシ感は無くカラッとしてますので、不快な感じはありません。

コンプレッサー式は音が大きくて重いことと、冬場の除湿能力は低いことが欠点ですね。

我が家は、部屋間を移動させることがなかったですし、部屋を閉め切って使ってましたので音の大きさや重さは気になりませんでした。キャスターも付いてましたので。

ただ、冬場の除湿力は低いですね。帰宅後から使い始めて、その日のうちに乾きません。結局コインランドリーの乾燥機を使ってました。

冬場の除湿力が高いといわれているデシカント式に魅力を感じますね。

 

最後に

それぞれに一長一短はありますが、使う時期はいつなのかをよく検討して、コンプレッサー式にするかデシカント式にするかを決めるのが良いですね。

良いとこどりのハイブリッド式が間違いないんだろうけど高いしなぁ~( ´Д`)

私もよく検討してから買おうかと思います(^_^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m