ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

今年も夏バテ(*_*) 夏バテ防止に効果がある食べ物や飲み物をご紹介!

f:id:step4295:20170525154008j:plain

日本の夏の特徴は、むしむしと湿度が高いのが特徴ですが、この高温多湿こそが夏バテの原因と言われています。

汗をかきやすい夏は、夏バテにならないためにもこまめな水分補給が必要です。

夏バテをこじらせますと夏風邪に進展することも。

夏バテや夏風邪の症状をしることで、夏バテを未然に防ぐこともできるかと思いますので、夏バテとはどのような症状なのかをご説明していきたいと思います。

 

 

夏バテの症状

全身のだるさと疲労感

夏バテの代表的な症状は全身のダルさと疲労感です。

気温と湿度の急激な変化によって自律神経のバランスが崩れて起こることが多いです。

ストレスや冷房による冷え、睡眠不足なども原因となります。

何となく体がだるい、疲れが取れにくいと感じたら夏バテかもしれません。

水分不足が夏バテの原因

水分不足は夏バテの原因になります。

日本の夏は湿度が高く軽作業でも1日に2~3リットルの汗をかいたりすることもあります。

水分不足によって頭痛などの症状が出たり、ひどいときには下痢や嘔吐などの症状が出る場合もあります。

水分は一度に取らず、こまめに水分補給をするように心がけましょう。

食欲不振

自律神経の不調によって、消化器の機能も低下し食欲がなくなり、体に必要なエネルギーやビタミンが不足することがあります。

それによって、だるさや疲労感が増えたり無気力になったりします。 

夏バテから夏風邪になることも

夏バテによって免疫力が低下し夏風邪にかかることもあります。

夏風邪の特徴は、冬の風邪と違ってせきやたんはあまり出ませんが、喉の痛みがひどかったり、下痢になったりします。

それと微熱が2~4日間続き全身がだるく、おかんを感じたりもします。

汗をかきやすいので脱水症状にも注意が必要です。

 

夏バテ防止に効果的な食べ物

疲労回復に効果的な成分はイミダペプチドです。

イミダペプチドはタンパク質の1種で疲労を回復してくれる物質と言われています。

イミダペプチドは鳥の胸肉、マグロ・カツオなどの回遊魚にも多く含まれています。

 

夏バテ防止に効果的な飲み物

疲労回復に効果的な飲み物は甘酒です。

疲労回復に効果的と、江戸時代から飲み続けられてきた甘酒には、ブドウ糖が20%以上含まれていて私たち人間が生きていくためにとても必要なビタミン類が豊富に含まれています。

それから、甘酒には体の中では作ることができないアミノ酸が豊富に含まれていますので、夏バテ防止に効果的です。

甘酒は天然の点滴と言われますが、それは点滴にも含まれているアミノ酸が多く含まれているからです。

 

間違った夏バテ対策知識

これまで夏バテや疲労対策の常識のなかで、最新の研究では間違っていることが最近わかってきました。

実はあまり効果がない夏バテ対策とは

  • 夏バテにうなぎを食べる
  • 熱いお風呂に入る
  • 疲れたらコーヒーや栄養ドリンクを飲む

これらの夏バテ疲労対策に良いと言われてきたことがあまり効果がないと現在は言われています。

・うなぎはビタミンCや脂肪を豊富に含む高カロリー食品ですので確かに疲労回復にはいいのですが、それは新鮮な食料が不足していた時代の話であって、今はカロリー不足になる事はほとんどないと言われています。

うなぎを食べることはむしろ胃への負担が高くなって逆効果になることもあります。

・熱いお風呂に入り汗を流す事は疲労対策に一見良さそうに思えますが、体温を一定に保とうとする自律神経への負担が高くなるので良くありません。

・コーヒーや栄養ドリンクは、カフェインの覚醒作用で疲労感を一時的にとってはくれますが、疲労は逆に蓄積するそうです。

 

最後に 

いかがでしたでしょうか。

夏バテ対策には

  • 鳥の胸肉マグロ・カツオなどの回遊魚を食べる
  • 飲む点滴と呼ばれている甘酒を飲む

体のだるさと疲労感を感じたり、食欲がないなと感じたら夏バテかもしれません。

夏バテかな?と思っても、2~4日微熱が続いたり、のどの痛みを感じたりするようでしたら夏風邪の可能性もありますので、無理をせずに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m