ウィスラボ

生活のさまざまな知恵を創造する雑記ブログ

老眼回復に効果的!1日5分【老眼鏡】をかけるだけ!

f:id:step4295:20170523183812j:plain

40才半ばを過ぎてからというもの近くのものが見づらくなってきました。

パソコンやスマホの影響などもあり、近視や老眼など視力の低下に悩んでいる方が増えています。

そこで、老眼や近視を回復させる簡単で効果的な方法をご紹介したいと思います。

その方法は、老眼鏡をかけて遠くを見ることです。

それでは、説明していきたいと思います。

 

 

近視や老眼になるのはなぜ?

目は、毛様体筋という筋肉を伸ばしたり縮めたりすることで目のレンズの役目をする水晶体を調整しピントを合わせています。

 

f:id:step4295:20170523183304p:plain

 

ピントをわせる機能が老化や疲れによって凝り固まるために視力が低下します。 

このことから、ピント調整の役目をする毛様体筋をリラックスさせることが重要です。

 

近視や老眼を回復させるには毛様体筋をリラックスさせる

毛様体筋をリラックスさせるのに、老眼鏡をかけて遠くを見ると近視や老眼の回復に効果があります。

なぜ、老眼鏡が効果的かと言いますと、老眼鏡をかけて遠くを見ることでピントを合わせる機能を一回リセットしてくれるからです。

リセットされることで、毛様体筋の疲労が回復するので視力が上がるのです。

老眼鏡をかけたことがある方はわかると思いますが、老眼鏡をかけて遠くを見るとぼやけて何も見えません。

このぼやけて見えないことが疲労回復に重要なことで、見えないと目はピントを合わせることをあきらめてしまい、毛様体筋に力が入らずリラックスした状態になります。

目は中途半端に見えてしまうと見よう見ようと頑張ってしまいます。

ですので、ぼやけ具合がちょうどいい老眼鏡の弱・中・強のうち中が一番効果的です。

老眼鏡は100円ショップで売っているもので十分効果があります。

 

老眼鏡を1日どれくらいかければいいの?

1日5分、老眼鏡をかけて1メートル以上離れたものをボーっと見るだけで効果があります。

この時、コンタクトやメガネを使っている人は、その上から老眼鏡を使います。

はっきり見えた状態からぼやけて見える状態にすることが重要です。

見るものはテレビでも外の風景でもいいですが、がんばって一生懸命見ようとせずボーっと見ることが重要ポイントです。

頭痛がする場合など辛い場合は、休みながらするようにしましょう。

すぐに効果が出る方もいますが、1ヶ月くらい続けたほうが効果的です。

それから、ご紹介した方法で約80%の方が効果を実感できるかと思いますが、視力が著しく低下してる方(0.1以下)にはあまり効果は感じられないとのことです。

 

目にいい食べ物は? 

目にいい食べ物はほうれん草です。

ほうれん草にはルテインという物質が含まれていて、ルテインは光から目を守ってくれる効果があり、白内障や失明の原因にもなる加齢黄斑変性症の予防になります。

その他でルテインが含まれる食べ物は、ケールやゴーヤ、ブロッコリーなどにもたくさん含まれています。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

老眼回復には

  • 近視や老眼を回復させるには1日5分、老眼鏡をかけて1メートル以上離れたものをボーっと見る
  • 老眼鏡の度数は中が効果的 100円ショップの老眼鏡でOK
  • コンタクトやメガネを使っている人はその上から老眼鏡を使う
  • 効果を上げるには1ヶ月は続けましょう
  • 目にいい物質ルテインが含まれる、ほうれん草・ケール・ゴーヤなどを食べると、白内障や失明の原因にもなる加齢黄斑変性症の予防になる

老眼と言えば老化現象の一つですが、近年疑似老眼と呼ばれるものが若者の間で起こっています。

疑似老眼の原因はスマホやパソコンですが、同じ距離で画面を見続けることで、老眼や近視の原因と同じく毛様体筋が凝り固まり、疑似老眼になると言われています。

スマホやパソコンはとても便利で、今や生活に欠かせないツールです。

こうして画面を前にキーボードを押し、画面を凝視している私にとってもパソコンは手放せないツールです。

その便利なツールによって目が酷使されていることを自覚し、休憩時間を意識してとるよう心がけたいと思います(^_^)

今日も老眼鏡をかけて疲労回復に努めたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m