ウィスラボ

生活のさまざまな知恵を創造する雑記ブログ

ダウンジャケットは自宅で簡単に洗える!ふわふわに仕上げる乾かし方とは?

 

f:id:step4295:20170520151304j:plain

突然ですが、ダウンジャケットをどのくらいのペースでお洗濯してますか?

ダウンジャケットのような冬物のアウターを洗濯するときは、クリーニングに出すのが一般的かと思います。

それ故に、あまり洗ったことがないという方は意外と多いのではないでしょうか。

私はそんな一人です(^_^;) 

汚れるたびにクリーニングではお財布に負担がかかりますよね。

そこで、自宅でお洗濯できないものだろうかと思い立ち、自宅でダウンジャケットを洗ってみました。

 

 

ダウンジャケットは自宅で洗える

本当にダウンジャケットは自宅で洗えるの?と思われるかもしれませんが、ダウンジャケットは自宅で洗うことができます。

自宅で洗うことはできますがその前に、自宅で洗濯ができるか洗濯タグを確認しましょう。

洗濯タグを確認しましょうと言いましたが手洗い不可の表示でも、表地がナイロン、ポリエステルならおしゃれ着用洗剤を使えば自宅で洗うことができます。

それ以外の表地は自宅では洗えませんので注意してください。

手洗いと聞くと洗面器など桶で洗うイメージを思い浮かべてしまいちょっと面倒と感じるかと思いますが、洗濯機を桶代わりにして手洗いすると、手間がかからず便利ですのでおススメです。

 

ダウンジャケットを自宅で洗う方法

洗い方

  1. 脱着ができるフードが付いている場合は、フードは外して後で洗いましょう。襟元や袖口、裾など汚れがひどい場合は、洗剤をしみこませたスポンジなどであらかじめ汚れをとっておきます。
  2. 洗濯槽におしゃれ着洗剤を溶かした水を張り、その中にダウンジャケットをゆっくりと浸します。水をなかなか吸わないので、少しずつ押しながらダウンジャケットのすみずみまで水を吸わせ沈めます。
  3.  30回〜40回程度押し洗いします。押し洗いする時のポイントは、両手の手のひらでダウンジャケットをゆっくり沈めたり浮かせたりを繰り返し優しく洗います。

すすぎ方

洗い終わりましたら、洗濯槽の水を排水します。この時ダウンジャケットは入ったままでいいです。

  1. もう一度洗濯層にきれいな水を張り、洗濯の時と同様に両手の手のひらで沈めたり浮かせたりを繰り返します。
  2. すすぎ・排水・脱水(1分程度)を泡がなくなるまで2〜3度繰り返します。
  3. すすぎが終わりましたら、ダウンジャケットを取り出し余分な水気を軽く絞り、もう一度脱水します。
  4. 最後の脱水が終わりましたら、時間を置かずにすばやく取り出します。

 

ダウンジャケットの干し方

洗い・すすぎが終わりましたら、ダウンジャケットを干していきます。

ダウンジャケットに空気を入れるように形を整え、太めのハンガーにかけ、風通しのいい日の当たらない場所に干します。

羽毛が下のほうに偏ってしまいますので、何度も形を整えながら干していきます。

整えながら乾かさないと、羽毛が一か所に固まってしまい、偏りの原因になりますので何度も整えながら乾かします。

表面が乾いても、中の羽毛がしっかりと乾かさないとカビやにおいの原因になりますので、2~3日は干してください。

2〜3日も干してる時間がないという方は、乾燥機を使って乾かす方法もあります。

乾燥機ですと回転しながら乾かしますので、羽毛がほぐれて偏らずにふわふわに仕上がります。

 

ダウンジャケットをふわふわに仕上げる方法

乾燥機を使う事で、ダウンジャケットをふわふわに乾かすことが出来ます。

自宅に乾燥機がない方は、コインランドリーの乾燥機でOKです。

コインランドリーの乾燥機の多くはタンブラー式ですので、羽毛が偏らずふわふわに仕上がりますので、むしろコインランドリーの乾燥機を使う事をおススメします。

乾燥機での乾かし方

  1. ダウンジャケットは脱水をしても水分を多く含んでますので、滴が落ちなくなるまで日陰で干してください
  2. ダウンジャケットのファスナーを閉めてから乾燥機に入れてください
  3. 乾燥機の温度は必ず低温コースに切り替えてから使いましょう。低温コース以外では絶対に使わないようにしてください
  4. 時間を見ながら、時々乾き具合を確認しましょう
  5. 最後に、自宅の風通しのいい日の当たらない場所に干して出来上がり

低温乾燥は高温乾燥に比べてゆっくり乾かすので乾くまで時間がかかります。ちなみに私は1時間ほど自宅の日陰で干しその後、乾燥機を40分かけました。 季節や気温によって変わるかと思いますが、ご参考まで!

 

最後に

ダウンジャケットは簡単に自宅で洗濯が出来ることが分かって頂けたのではないでしょうか。

洗濯機を桶代わりに使えば、ダウンジャケットをあっちこっちと移動する必要もありませんし、乾燥機を使えば羽毛の偏りを心配する必要がなくそのうえ、ふわふわに仕上がりますので、一度試してみてはいかがでしょうか!

もちろん、表地によって自宅で洗えるもの洗えないものがありますので、判断に悩むようでしたら無理はせずにクリーニングに出しましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m