ウィスラボ

生活のさまざまな知恵を創造するブログ

高血圧に効果的な食べ物とは?ポリフェノールを含んだあの食べ物に効果あり!

f:id:step4295:20170517144608j:plain

 

心不全や脳梗塞など突然死の原因になる高血圧。

最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の人を高血圧といい、現在日本人のおよそ3人に1人が、60歳以上ではおよそ2人に1人が高血圧と言われています。

その高血圧に効果的なある食べ物をご紹介します。

 

 

高血圧になる原因は?

血液が血管内部にかける圧力が血圧で、この圧力が高いのが高血圧です。

高血圧の原因は遺伝や環境因子が複雑にからみあっていて、直接的な原因は大きく分けて2つあります。

1つ目の原因 塩分の取りすぎ

血液の量が増えすぎたため血管に圧力がかかることで高血圧になります。

血液量が増える主な原因は、塩分の取りとりすぎによるものです。

血液中に塩分が増えすぎると塩分を薄めようと血液中の水分が増加します。水分が増加するこで血管の中を通る血液の量が増えた結果、高血圧につながるというわけです。

2つ目の原因 血管の収縮

もう一つの高血圧の原因は、血管の収縮です。

血管が収縮することによって血管が細くなりそのことによって血液の流れが悪くなります。

その結果、血管に圧力がかかるため高血圧になります。

ではなぜ血管が収縮するのでしょう。

血管が収縮する原因は、お酒の飲み過ぎ、喫煙、塩分の取りすぎといった生活習慣の乱れが原因です。

この高血圧の原因の一つである血管の収縮を改善するある食べ物があります。

その食べものとはチョコレートです。

 

高血圧の改善に効果的な食べ物はチョコレート

高血圧に効果的な食べ物はチョコレートです。

チョコレートには、ポリフェノールが豊富に含まれていて、このポリフェノールが血管をしなやかにする一酸化窒素を高める作用があります。

ポリフェノールを摂ると、血管をしなやかにしてくれる一酸化窒素が作られ、それにより血管を拡げ、血圧を下げてくれます。

さらにその食べ物にはあるメリットがあります。

それは、正常血圧の人はその食べ物を食べても血圧がほとんど下がらないため健康を損ないません。

一方、高血圧の人が食べた時は強く効果を発揮してくれます。

 

こんな実験結果があります。

高血圧に悩む約350人にチョコレートを4週間食べ続けてもらった結果、およそ90%の人が血圧が改善されました。

ではここで、チョコレートにどのくらいポリフェノールが含まれてるか見てみましょう。

f:id:step4295:20170517143807p:plain

赤ワインにポリフェノールが多く含まれているとよく聞きますが、チョコレートに含まれているポリフェノールの保有量が群を抜いて多いことが、一目でわかって頂けると思います。

 

チョコレートを1日にどれくらい食べれば効果的なの?

 高血圧改善に効果的と言われるチョコレートですが、1日にどのくらいの量を食べればいいのでしょうか?

1日に食べる量は、板チョコでいう5カケラ(約25グラム)です。

カカオが70%以上含まれたチョコレートは特にポリフェノールが豊富に含まれてますのでより効果的です。

チョコレートを食べると太る原因になるのではと心配になりますが、 1日5カケラ程度なら太る心配はないそうです。

ちなみにご飯一膳のカロリー235Kcalに対し、チョコレート5カケラは150Kcalですので、 1日普通に過ごしていれば消費できる量です。

 

最後に 

高血圧を改善するためには

  • 高血圧に効果的な食べ物はチョコレート
  • 食べる量は1日5カケラ(約25g)
  • カカオ保有量が70%以上のチョコレートは特に効果的
  • 塩分の取りすぎに注意しましょう
  • お酒の飲みすぎ・喫煙などの生活習慣を改善しましょう

ラーメンが大好きでスープの一滴までたいらげるなんて人は塩分の取りすぎですので、ほどほどにしましょうね(^_^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m