ウィスラボ

日常生活に役立つ知恵(wisdom)やお悩みを一緒に考えていくブログ

セーターやニットは洗濯機で洗えるって知ってましたか?

f:id:step4295:20170506164526j:plain

普段、何気なくしているお洗濯。

普段着なら、洗濯機に入れてスイッチON!でいいのでしょうけど、セーターやニットならどうでしょう?

セーターやニットはクリーニング屋さんにおまかせ!

それでも全然いいんですけど、汚れるたびにクリーニングでは出費も気になるところ。

セーターやニットでも自宅で洗えるものもあり、方法さえわかっていれば意外と簡単に洗えます。

それでは、セーターやニットの洗濯方法をご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

セーターやニットの洗濯の仕方

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗える物かタグをチェックする

とはいうものの、セーターやニットはデリケートな素材ですので、洗う前にまずは服についている表示タグをチェックして、自宅で洗濯ができるかを確認しましょう。

確認は、内側についてますタグで確認します。

タグをを確認せずに洗濯機で洗った場合、縮んでしまうことがありますので、必ずタグを確認してから洗ってください。

洗濯機で洗える表示タグ

f:id:step4295:20170506141100p:plain

 

洗濯機では洗えない表示タグ

f:id:step4295:20170506141132p:plain 

洗濯ネットに衣類を入れる
  1. お洗濯をする前に、洗濯物の寸法を測っておきましょう。セーターやニットを床に広げて、袖口から袖口までの長さと、襟元から裾までの長さを測り記録します。セーターやニットは洗濯をするとどうしても多少縮みます。乾く前でしたら、引っ張れば長さは元に戻りますので、必ず長さを記録しておきましょう。
  2. セーターやニットを洗濯機で洗う場合は、必ず洗濯ネットに入れてからお洗濯しましょう。衣類を裏返し、型崩れしないように外側に軽く畳んでから洗濯ネットに入れましょう。
  3. 洗剤は洗濯ダメージを防ぐことができる、おしゃれ着用洗剤(エマールなど)を使いましょう。
  4. お風呂の残り湯は使わず、30度以下の水を使いましょう。ウールなどはお湯を使うと縮む原因になりますので。
  5. 洗濯機の機種にもよりますが、ドライコースやソフトコースで洗いましょう。標準コースでは絶対に洗わないでください。
  6. そして、脱水は1分以内にして、洗濯後はすぐに取出し、洗う前に記録していた長さに優しく引っ張りながら、形を整えて干しましょう。(洗濯物を床に置いて長さを整えてください)

 

手洗いの仕方

  1. お洗濯をする前に、洗濯物の寸法を測っておきましょう。セーターやニットを床に広げて、袖口から袖口までの長さと、襟元から裾までの長さを測り記録します。セーターやニットは洗濯をするとどうしても多少縮みます。乾く前でしたら、引っ張れば長さは元に戻りますので、必ず長さを記録しておきましょう。
  2. 水で薄めた洗濯液を作ります
  3. 洗面器などを使い、衣類をたたんで、やさしく【沈める】【浮かせる】を30回程度繰り返します。この時、もんだりこすったりは絶対しないでください。
  4. たたんだまま洗濯機で30秒程度、軽く脱水します。
  5. 脱水後、洗濯機からとりだし、洗面器などで、すすぎを2回します。2と同じようにやさしく【沈める】【浮かせる】を15回程度繰り返します。2回目のすすぎの時に柔軟剤を入れてください。
  6. 最後にもう一度洗濯機で脱水して、形を整えて干します。洗う前に記録していた長さに優しく引っ張りながら、形を整えて干しましょう。(洗濯物を床に置いて長さを整えてください)

 

セーターやニットの干し方

いつものようにハンガーにかけて干すのはNGです。伸びないようにするポイントは、セーター自体の重みで伸びないように干すことです。

平干し専用ネットを使う

f:id:step4295:20170506150933p:plain

ハンガーにつるして干すと、セーター自身の重みで伸びてしましますので、平干し専用ネットに干すことをお勧めします。

伸びなど型崩れやしわがつかないようにするために、手のひらで型を整えてから平干し専用ネットの上に干します。

 竿にかけて干す場合

f:id:step4295:20170506150644p:plain

我が家もそうですが、平干し専用ネットをお持ちでないご家庭も多いのではと思います。

平干しが無い場合は、竿にかけて干しましょう。

しかし、竿に干す場合は注意が必要です。

上の画像のように、袖をたらさないように、身頃と一緒に竿にかけるようにします。

 

衣類ラベルの見方

衣類の洗濯方法は、タグを見れば一目瞭然です。

ですが、「タグの見方ってよくわからない」って方、私を含め結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ネットなどで調べればわかることなんですが、もっと簡単に調べる方法があればいいのにと思っていませんか?

そこで、洋服のタグを見ながらマークを選ぶだけで、ご家庭で洗える・洗えないが簡単にわかるアプリがあります!

使える洗剤の種類や、洗濯の強弱などを判定してくれますし、表示タグのマークを説明してくれます。

 

f:id:step4295:20170506154941p:plain

スマホアプリ「洗濯ナビ」

 

こちらのアプリがあれば、いちいちお洗濯に悩むこともなくなり、ストレス解消ですね(^_^)

 

最後に

いかがでしたでしょうか、セーターやニットでも洗濯機で洗うことのできる商品でしたら、意外と簡単に洗濯できることが分かっていただけたのではないでしょうか。

ポイントとしては、洗う前に長さを測っておくことです。

多少なりともセーターやニットは縮みます。

ですが、乾かす前なら引っ張れば元の長さに戻りますので、洗う前に忘れず測るようにしてください。

タグを見て方法を間違わなければ、それほど難しいことはありませんので、一度試してみてはいかかでしょうか(^_^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m