ウィスラボ

生活のさまざまな知恵を創造する雑記ブログ

北枕は疲労回復にいいってホント?北枕が縁起が悪いと言われる由来

f:id:step4295:20170428140222j:plain

頭を北に向けて寝ると不吉だと昔の人は言ったものです。

ではなぜ北枕で寝てはいけないのでしょうか。

 

 

北枕は縁起が悪いと言われている由来は仏教の作法

確かに仏教の葬式では亡くなった方を北に向けて寝かせます。

仏教の開祖、釈迦が沙羅の机の下で息を引き取った時、その頭を下に向けて横たわっていたそうです。

仏教徒が死者を北枕に寝かせると言う習慣から、北枕は死のイメージがあるから縁起が悪いと、昔から嫌われたのです。

 

しかし、北枕は健康に良いそうですよ。

それは地磁気との関係があります。磁気が体に良い事は何かしらで聞いたことがあるかと思います。

地磁気は、北から南に向かって流れていて、北枕の方向はそれに逆らわずに寝るので体に良いと言われています。

風水では、北枕は 寝ている間に自然に気を体内に取り入れることが出来ると考えられています。

その他、北枕で寝るとよく寝ることができ、疲労回復に効果があり目覚めが良いそうですので試してみてはいかかでしょうか。

 

北枕以外の代表的な枕方位

東枕

若さ、健康、発進、発展を願う向きです。

早起きに向いてる方位ですので、早起きが苦手な人はこの方位を試してみてはいかがでしょうか。

東南枕

この方位て寝ると、良縁や良い仕事先に巡り合うと言われています。

南枕

南枕に寝ると勘が冴えやすくなり、熟睡しにくいと言われています。

南西枕

裏鬼門の向きと言われています。

落ち着きのない人や、安定を求める人にとっては効果的な方位と言われています。

西枕

熟睡しやすい方角ですので、寝付きの悪い人などに向いた方位と言えます。

 

自分に合った理想的な枕とは

枕は吸収性と発散性に優れていることが望まれます。

枕が合っていないと頭痛や肩こり、いびきや不眠など様々な症状の原因になります。

理想的な枕は、首筋の隙間を埋めてくれる物がいいと言われていますので、首筋の隙間を自然に埋めることができる枕が、理想的な枕といえます。

立っている時の正しい姿勢に近い状態で寝ると快適に眠れるそうですので、意識してみてはいかがでしょうか。

 

枕の種類とその特徴

ポリエステル綿

素材が化学繊維であるため洗濯ができ、日干しもできるのでメンテナンスがしやすいのが特徴です。

固めの枕が好きと言う方には、お勧めできません。 

蕎麦殻枕

吸湿性と通気性に優れ蒸れにくい長所がありますが、基本的に水洗いが出来ません。

保管の仕方が悪いと虫が発生すると言うデメリットがあります。

硬くじゃりじゃりとした触感は好き嫌いが分かれるところです。

羽根枕

水鳥の羽を使い、柔らかくクッション性もありふんわりした肌触りが気持ちがいい枕です。 

低反発枕

柔らかくフィット感がいいのが特徴で、寝心地が良い枕です。

耐圧の分散性にも優れ、頭や首にかかる圧力を軽減するのが長所です。

通気性が悪く水洗いができないという欠点があります。

 

最後に 

3世代同居の家に育った私にしてみれば、幼いころから祖父母に【北枕は良くない】と言われ育ちましたので、当然北枕で寝ることはありませんでした。

しかし、結婚を機に独立し、自分の家を持つようになってわかったことは、枕の位置を気にしていては、今時の家は寝室の配置が上手くいかないということです。

我が家に限ってのことかもしれませんが、方角が上手い事、南とは限らないのです。

色々調べてみると、北枕はむしろ良いことがわかりましたし、おかげで枕の方角に興味が湧きました(^_^)

 

今では枕の方向は気にせず気分で、たま~に北枕で寝たりします。

頭を引き上げられるような、背筋が伸びるような感覚になり心なしか、いつもより寝つきがいいように感じましたし、疲れも取れるような気がしました(^_^)

 

神経質になってまで枕方位を気にすることはないかと思いますし、寝つきが悪い時や体調がすぐれない時など、生活の流れを【枕の向き】で変えてみるのも気分転換になっていいかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m